HOME > チョコレートラブDXについて

チョコレートラブDXについて

絆ホルモンと呼ばれているオキシトシン

オオサカ堂で、「オキシトシン」という成分が入っている商品があります。その中に、「チョコレートラブDX」という商品があるのですが、レビュー数も多いので、ユーザーが多い証拠ですね。何故こんなに人気があるのか?最近、この「オキシトシン」というワードをちらほら聞くことがあったのでちょっと調べてみました。

「絆ホルモン」・「愛のホルモン」とも呼ばれている「オキシトシン」は、脳内で分泌されるホルモンで、ストレスの緩和や、幸せな気分をもたらすとされています。また、信頼感が高まるため、人間関係も良好となるようです。更に、この良好な人間関係が築かれているときに「オキシトシン」の分泌がされ、闘争欲や恐怖心を減少させるとのことです。「オキシトシン」分泌が高まることで、自然と社交的になるのも、恐怖心が減少するからかもしれませんね。

筑波大学の発表した研究論文では、「飼い主と犬が触れ合うことで、互いに「オキシトシン」が分泌された」ことが書かれており、2015年4月にアメリカの冊子に掲載されたことで話題になりました。

「オキシトシン」は、スキンシップをすることで分泌させることができるため、親子や恋人同士・ペット等の触れ合いなどにより分泌量が増加するようです。日常的なコミュニケーションでも「オキシトシン」は分泌されますが、性行為の際は男女ともに大量に分泌されるようです。

IT社会となっている現在、人と人との関係が希薄となり、触れ合いの機会が減っているのは事実。それにより、「オキシトシン」が不足しやすい状況となっているため、ストレスの緩和や、幸福感を得るために、「オキシトシン」を分泌させることが大切かもしれません。

オオサカ堂取り扱いの「チョコレートラブDX」などを使用することで、「オキシトシン」を補充するのも一つの手段かもしれませんね。

オキシトシンは、医学的にも期待されている!

脳

2015年9月、東京大学医学部の研究チームにより、「オキシトシン」が自閉症スペクトラム症の症状に効果があったと発表しています。自閉症などの発達障害は、意思疎通が難しいということが特徴です。臨床試験では、「オキシトシン」の使用により、このコミュニケーションの改善が実証されています。

安心感や信頼感を育む作用があり、人間関係を円滑にするといわれている「オキシトシン」が、自閉症の治療薬として実用化される日も近いかもしれません。

コミュニケーションが改善されるのは、自閉症の方に限られたことではありません。もともと脳内で分泌されるホルモンですから、健常の方も「オキシトシン」によりコミュニケーションが改善される見込みがあることは確かです。

チョコレートラブDXで夫婦円満?

家族

「オキシトシン」は、相手とスキンシップができてこそ分泌されますが、それはお互いが好意を持っていなければスキンシップまで行き着きませんよね。つまり、良好な人間関係の構築が鍵となるわけです。

友達や家族と食事をしたりコミュニケーションをとるだけでも分泌はされますが、やはり恋人や人生のパートナーとの触れ合いほど幸福感を感じられるものはないかと思います。

「オキシトシン」レベルが高いカップルは、「オキシトシン」レベルの低いカップルに比べ、より頻繁に笑い合い、スキンシップも豊富との研究結果が海外では発表されています。つまり、相手と長く円満な関係を築くために、「オキシトシン」は大切な要素といってもいいかもしれません。

「チョコレートラブDX」は、その「オキシトシン」が配合されているほか、精力増進が期待できる成分が配合されているので、良好な人間関係を築くきっかけとして使用することができるだけでなく、男女の関係をより親密にするためのサポートとしても期待できる画期的な商品ということなんですね。

関係が停滞気味な夫婦や恋人同士に、充実したナイトライフのスパイスとして「チョコレートラブDX」がきっと役立ちます。

オオサカ堂では、他にも「オキシトシン」を使用した商品を取り扱っていますので、人間関係を良好にしたいとお考えの方は、是非チェックしてみてはいかがでしょうか?

ページの先頭へ戻る