HOME > バイアグラについて

バイアグラについて

バイアグラならオーストラリア版

ED(勃起不全)治療薬と言えば「バイアグラ」、「レビトラ」、「シアリス」が有名ですが、中でも「バイアグラ」は1998年にアメリカ販売が開始されると、世界的センセーショナルとなり、マスコミなどにより「夢の薬」として騒がれた薬です。

「バイアグラ」は、医薬品メーカーとして世界で有名なファイザー社から販売されている医薬品です。シルデナフィルを有効成分とし、5型ホスホジエステラーゼ(PDE-5)の酵素活性を阻害することで、血管を拡張させ血流量が増えることで作用します。

今では元祖と言ってもいい「バイアグラ」ですが、先発品・信頼のメーカーということもありロングユーザーも多いようです。

そんなファイザー社製の「バイアグラ」は、市場によりパッケージの違いなどはあるものの、同成分で製造会社ももちろん同じです。また、アメリカ製に比べオーストラリア版の箱タイプは安価に設定されており、購入するならオーストラリア版のほうがお得なんです。

オオサカ堂で安く入手

ファイザー社製の「バイアグラ」オーストラリア版をお探しなら、オオサカ堂で更に安く入手が可能です。現在、日本でED(勃起不全)に悩んでいる方は1000万人以上と言われており、入手に関して周囲に知られたくないという方にとっては、代行輸入のオオサカ堂は強い味方となることでしょう。

選ぶなら信頼の先発医薬品?それとも安いジェネリック?

「ジェネリック医薬品」という言葉が広く世間に知られた昨今、「ジェネリック医薬品」と聞くと、先発医薬品と同成分・同効果、かつ安価で買える後発医薬品という認識かと思います。「ジェネリック医薬品」のポイントというのは、値段が安いことなので、ユーザーにとっては購入の負担が少なくなります。

しかし、なぜ値段を安くすることができるのかというと、先発医薬品と違い、開発する費用がかからないため安くできます。先発医薬品は医薬品の構造・製造方法・用途について特許権を取得し、特許期間中はその薬の製造・販売を独占することができますが、特許が切れてしまうと他社メーカーでも製造でき、「ジェネリック医薬品」として販売されます。

先発医薬品の特許には、物質特許・用途特許があり、これらの期限が切れると、ジェネリック医薬品は先発医薬品と主成分を同じにすることができます。また、製造方法に関する製法特許というものもあり、コーティング用の添加物や剤形などがそれにあたります。 物質特許・用途特許の期限が切れていても、製法特許は有効期限内である場合があります。その場合、主成分を同じにできても、添加物や剤形に関して、先発医薬品とは異なるものを使用しなければいけません。

つまり、「ジェネリック医薬品」は主成分が同成分・同効果でも、添加物などが異なる場合があるということです。そのため、安心を考慮して、先発医薬品を選ぶ方も多いのだとか。

オオサカ堂ではそんな先発医薬品も充実しており、「バイアグラ」も取り扱いをしています。その中でも、「バイアグラ」オーストラリア版はアメリカ版に比べ安く購入することができます。

「バイアグラ」オーストラリア版の購入をお考えなら、オオサカ堂をご利用してみてはいかがでしょうか?

ページの先頭へ戻る